千葉内房テトラAで穴釣り 2022/1/3(月)

SNSのフォローお願いします
tsurikatsuをフォローする
内房~穴釣り

休みの最後は内房テトラAで穴釣り

今年の年末年始休みの最後を飾るべく、昨日に続きテトラAに穴釣りに行ってきた。

【釣り初め】千葉内房テトラAで穴釣り 2022/1/2(日)
明けましておめでとうございます。 2022年、一発目の釣行は、さすがに元旦は家族と過ごし1/2に行ってきた。 この記事を読んでみると分かると思うが、今年の記事からは少し趣向を変え、時間軸でドキュメンタリー的な記事にしていきたいと...

いつものように冷凍したイカエサを持ち家を出た。

ちなみに冷凍しているイカは、こんな姿でジップロックに入れて冷凍庫に入れてある。

いつも目分量で分けているが、だいたい15柵くらいで一袋になるようにしている。

イカはエサ持ちが良いので2時間ほどの穴釣りであれば、カニに取られるのがほとんど無ければ、この一袋で十分に足りる。

この日の潮回りはこんな感じ。

この日は朝に用事があったので、しかも翌日から会社も始まるので少々遅い始まり+短時間釣行とした。

10:18 内房テトラA到着+釣り開始

この日は少し風が強く、波も立っておりたまにテトラに小さい波が掛かる感じで、ココのテトラの鉄板パターンと言っても良いコンディション。

10:35 クロソイ 12cm

昨日に引き続き、小さい。

イイ感じでヒットが続くと思いきや、この後アタリが遠のいたため、場所を50mほど移動して穴釣りを再開。

11:14 クロソイ 13cm

良い場所に当たったのか、この後ヒットが続いた。

11:27 クロソイ 10cm(サイズダウン)

11:32 クロソイ 12cm

11:42 クロソイ 12cm

11:44 クロソイ 10cm

11:46 クロソイ 15cm(この日の最大)

ちょうどお昼ごろになっていたので、この日の最大が釣れたところで納竿とした。

2021/1/3 内房テトラA釣行のマトメ

途中、場所移動してからはカニの猛攻が凄くて、いつもは1個か2個だが珍しく4個もブラクリをロスト。

カニに掴まれた状態で竿を煽ると、カニがエサを離したりエサ自体が切れた時にブラクリが勢いよくテトラの隙間を上がってくる。

穴釣りで一番根掛かりしやすいのは、このように勢いよくブラクリを上げてきた時と、波に流されすぎた時だ。

仕方がないとはいえ、カニに掴まれた時の対処法を見つけなければと思っている。

この日に釣れた魚は、

クロソイ 10cm ~ 15cm x 7尾 (すべてリリース)

昨日と同じ結果で、しかも数えていたわけでもないのに7尾というラッキーナンバーな結果であった。

  • この日の釣果: 7
  • 2022年1月釣果: 14
  • 2022年釣った魚: 14
  • 2022年の魚種: 1

追伸:やっと釣行記録がすべて書き終わり、念願のリアルタイム投稿ができるようになったので、今後はほぼ時間差が無い投稿や釣り具、仕掛けの紹介などができると思っている。

では、良い釣りを!

コメント