【釣り納め】千葉内房テトラAでウキフカセと穴釣り 2021/12/30(木)

SNSのフォローお願いします
tsurikatsuをフォローする
内房~ウキ、フカセ釣り

さて2021年の釣り納めは、恒例となった、というかむしろ定番化した内房テトラAでのウキフカセと穴釣りで締めようと思う。

本当は年末年始休み中は毎日釣りに行こうと思っていたが、風が強い日が多く、この12/30の少し風が弱くなったタイミングでの釣り納め釣行となった。

朝の10時頃から次第に風が強くなってくる予報だったので、9時過ぎまでの釣りという予定での釣行。

この日の潮回りはこんな感じ。

あまり良い潮ではないが、ここの所風が強かったので、適度な濁りが入って状況的には悪くなってないと予想。

途中、青イソメを仕入れ、夜明け前の5:00に内房テトラA到着。

まずは電気ウキを使ってウキフカセ

夜明け前の6時頃からウキ釣り開始。

この様な状況を考えて電気ウキを用意しておいたので、それを使っての夜釣りスタイルだ。

夜が明けて普通のウキに変えるまで何回かはアタリがあったが、ハリ掛かりはしなかった。

おそらく、ここの主、フグだろう。

明るくなってから穴釣りにスイッチ

プルプルとキスのようなアタリで上がってきたのは、10cmほどの何とも可愛いクロソイちゃん。

もちろんリリース。

次に来たのは少しだけサイズアップした13cmくらいのクロソイ。

こちらももちろんリリースだ。

この後、穴釣りのアタリが遠のいたので、ウキフカセに戻った。

ウキ釣りで有終の美

穴釣りをやっている間にフグは居なくなったようだ。

安定してハリが底まで達し、ウキが安定している。

最初にウキが沈んで上がってきたのは17cmのウミタナゴ。

小さいにもかかわらず竿を大きくしならせてくれました。

そして釣り納めの最後に上がってきたのは、強烈なファイトを見せてくれた15cmのクロダイ(ちんちん)。

釣り納めの最後に小さいとはいえクロダイが釣れた!

2021年最後の釣り魚はクロダイで、とても感慨深い釣り納めとなった。

この日釣った魚は、大きくなって帰ってきてくれるよう全てリリースした。

釣りを再開して4カ月ほどだが、思いのほか沢山の魚に出会わせてくれた内房テトラA。

来年もよろしく頼むぜ。

では、2022年も良い釣りを!

コメント