【食いが渋い】内房テトラAで穴釣り+ウキフカセ 2022/2/6(日)

SNSのフォローお願いします
tsurikatsuをフォローする
内房~ウキ、フカセ釣り

昨日とは違いこの日は風が弱い予報だったので、この日もテトラAへ。

内房の工場地帯の煙突の煙は昨日と同じ方向に、さらに煙の角度は90°(真横)に近いので結構な北風が吹いているようだ。

予報と全然違うじゃん。

この日の潮回りはこんな感じ。

5:58 内房テトラA到着

車の外気温計は-2°になっている。

装備を持ち、テトラAへ。

あれ、意外と風が弱いな。

ということで、今日は昨日買った青イソが余ってるのと来る途中でオキアミエサを仕入れてきたので、風が弱いなら久しぶりにウキフカセを、ってことで竿を車に取りに行き、テトラに道具と磯竿を置いて、まずは穴釣りを開始。

6:13 内房テトラで穴釣り開始

エサはいつものイカだ。

いつもは朝一の数投でアタリがあるのだが、この日は無言状態が続く。

この時点で風はそれほど吹いていないが、北風の寒さが露出した肌を突いてくる。

釣れないな~

6:48 クロソイ 17cm 1尾目

アタリが無いまま1時間近く経過したとき、ひったくるような初アタリで初ゲット!

この後、北風が急に強くなってきてしまったが、穴釣りが不発なので準備してきたウキフカセにスイッチすることに。

7:17 内房テトラAでウキフカセ

いつものようにコマセを使わないスタイルで、エサは来る途中で買ったオキアミを使用してのウキフカセだ。

北風と波は強くなるばかりで、幼少期から釣り慣れている棒ウキがほとんど役に立たない。

波が徐々に高くなってきていてテトラに波が被るようになってきた。

7:50頃までウキフカセをやったが、エサのオキアミがほとんどそのまま戻ってくることがほとんど。

やはり魚の活性が低いのか?

7:52 ウキフカセを諦め、穴釣りに戻る

北風が強くなり、ウキが1回も沈まず、かつじっとしているウキフカセでは寒すぎるため穴釣りに戻す事にした。

魚の活性が低いのに対処しようと余っていた青イソを始めて穴釣りのエサとして投入。

穴釣りに戻してみたものの、しかも初めて生き餌を使ってみたが、朝一と同じでアタリがほとんど無い。

波も高くなっていて3号のブラクリが結構な勢いで流されていく。

8:03 クロソイ 16cm 2尾目

そんな中上がってきてくれたのは、いつものクロソイ。

頑なに口を開かないクロソイで、仕方がなくタオルで持ってハリを外した。

寒くて指先の感覚がほぼなくなったので、ココで納竿とした。

2022/2/6(日) 内房テトラA穴釣り+ウキフカセ結果

結果的に言えば、風が強くなった今日の釣行は、昨日よりも寒さを感じた釣りだった。

では、良い釣りを!

コメント